徒然ほかほか日記

カテゴリ: ごはんほかほかの日常

どうも、ごはんほかほかのおじいちゃんです。

ローソン冷凍デザート、マカロンです。

F68DE09F-AB2A-4500-89EB-9366664464BC
0D886989-530D-4895-8F8C-13D1CD6C7B0C
75A53A72-3E57-46A5-9618-E85BCA9D3428

食感軽くさくさく、噛む程ねっちり、美味しい4種のフレーバー!
バニラ、チョコ、いちご、抹茶の軽い味わい。抹茶は少し風味が薄く甘さが際立ちます。個人的にはもう少し風味や苦味が欲しいです。


こちらは濃いめに淹れた紅茶やコーヒーと合わせ、おしゃれなお皿に盛るのがおすすめ!

お店に行かなくてもコンビニでお手がで買えるのが良いですね!
マカロン用のトレーが衝撃から守ってくれるので、崩れず綺麗なまま食べられます。


凍ったままでも最高です。解凍要らずです。

ローソンのスイーツ、どんどんおもてなしとしても使えそうなスイーツが増えて良いですね。
良いカトラリー等と合わせれば素敵なティータイムを過ごせそうです。


最後まで読んで下さった方、ありがとうございます。
美味しい物、召し上がっていますか?
是非美味しい食べ物を楽しんで下さい。

それでは、また。

どうも、おじいちゃんです。

年末最後のミラティブ配信も終わりのんびり過ごしていました。

今年はごはんほかほかの為に沢山の事に挑戦し、楽しい想いも辛い想いもしました。

湧き上がる怒りを燃料に始めた事でしたが、何も無いと思った自分に、もっとやりたい事、出来る様になりたい事、残せるものが増えました。

そして最大の活力は『推し』の存在でした。

ゲーム実況を頑張る方、ゲームの開発に携わる方々、大好きなキャラクター達

『大好き』だという気持ちが、大好きなものを作り広める方々が、勇気になりました。


とてもしんどい時に聴いた歌で、観た作品で、顔を上げ続ける事が出来ました。

来年も更に大好きを推していきます。


来年は、もっともっと挑戦し、最大の目標達成を目指していきます!

年越しそばを食べて、来年もどうぞよろしくお願い致します。

では、また。

IMG_9515

どうも、ごはんほかほかのおじいちゃんです。

マックの新しいパイです。

E6103013-0673-427E-8BB0-0FCA4DF9698A

パッケージが可愛い。
ダルメシアン?

69242555-F81E-4575-8827-6862995073C7

熱々パイの中からとろーりクリームとザクザククッキー!
サクサクアツアツをゆっくり頬張る楽しみ。
クリームをもう少しバニラ風味にして貰えるとかなり好みですね。クリームが甘いので、クッキーをもう少しビターテイストになると更に良いかと思います。

クッキークリームフレーバー大好きなのでこだわり強く喧しくなります。

そしてマックのパイの1番の難点。

食べづらい。

小さなお子様は、手を汚したり口周りベタベタの大惨事になりかねません。

たっぷりクリームを楽しみたいのでジレンマになりますよね。綺麗に食べたい。

おじいちゃん、バッグにクリーム落としました。
必死に拭きました。


え?




綺麗に食べれる様に頑張りましょうね…。


どうやったら綺麗に上品に食べられるのか、もっと食べて見出したいですね。


最後まで読んで下さった方、ありがとうございます。
美味しい物、召し上がっていますか?
是非美味しい食べ物を楽しんで下さい。

それでは、また。

どうも、ごはんほかほかのおじいちゃんです。

投稿した気になって忘れていたケンタッキーのスイーツです。


B85DE158-2F9B-4B96-ADDE-3BCB5887EEAA


スイートポテトパイ。



896919A8-CFD4-4DC4-A4DA-6D16639577CB

ピンク色。
バターの香りがすごいです。


0148CEC6-EACE-44ED-9361-F5A8C994D66D


バターの風味とサクサク香ばしいパイ生地、お黄金の甘〜いお芋あんの様なフィリングが最高です。
こちら、ケンタッキーのブラックコーヒーとの組み合わせも最高に合って美味しいです。
おやつにも良し、ブレイクタイムにも良しです。
手もあまり汚れず、良いサイズ感でたっぷり食べれます。


この時期さつまいも商品多いですね。
もう冬ですが、食べ物の秋はまだまだです!


最後まで読んで下さった方、ありがとうございます。
美味しい物、召し上がっていますか?
是非美味しい食べ物を楽しんで下さい。

それでは、また。

どうも、ごはんほかほかのおじいちゃんです。

ごはんほかほかちゃんの方のブログが全然活動報告出来ていません。

最近配信時間調整で忙しい様子です。

ホラーゲームが最近お気に入りの様子です。

恐怖におけるわくわく感や異様な雰囲気が病みつきになっているみたいです。

『普通ではないもの』だから親近感があるのでしょうか。

親が好むものは子にも遺伝するんですねぇ。

親心としては綺麗なものばかりに触れて欲しいですが、世界を知るには闇に触れなければならない時もあります。

その闇に触れ、我が子が何を見出すか楽しみです。

では、また。

このページのトップヘ